2010年1月21日木曜日

仕事か 歌舞伎か?

神戸での仕事を終えて、翌朝、新神戸発7時の新幹線に乗り、途中の品川で下車して、新橋までJR、そして都営地下鉄で東銀座まで急ぎました。

新橋演舞場の「新春花形歌舞伎」を見るためです。

新幹線の中ではスーツ姿のサラリーマンの出張姿ばかり目に付いたのに、ここでは中高年の着物のおばさまたちの姿が多いわ。
何とか信用金庫からバスを繰り出して、集団で来ているおばさまたちもいました。賑やかなこと。


最初の出し物は、曽我兄弟の話。
お兄さん役が笑也さんで、弟役が師童。こんなに似ていない兄弟なんてありえないんだけどね。

舞台が1幕だけで、あまり構成に変化がないので、それほど面白くはありませんでした。

二番目の出し物は右近さんの「黒塚」といって、老女が鬼に変身していく物語。
もともとは能の出し物だったそうで、舞台は安達が原の廃屋。ちょっと怖い感じでしたね。でも右近さんの老女というのは、ちょっと無理があるわね。あの四角い顔でおばあさんというのは、まだ早い。でも鬼の姿になったところは良かったわ。それに三味線がすごかったです。
この作品の踊りの部分はロシアのコサックダンスを取り入れたところもあるそうで、マイケルジャクソンのムーン・ウォークも真っ青なほど、右近さんの見事な足さばきでした。

最後は海老蔵さんの鏡獅子。
はじめは白塗りの可愛いお小姓役できれいだったわね。踊りの可憐なこと。それが獅子舞の獅子頭を手にしたとたん、怖い師子に変身してしまうの。


この長い髪を振り乱しながら、上半身を低くして頭をぐるんぐるんと回すのだけど、数えてみたら65回くらい回していました。うーん、疲れそう。役者というのはほんとに身体が資本なのよね。

海老蔵さんは、この後、夕方からは今度は一人10役というすごいお芝居に登場するのよ。

この人、小林なんとかさんというアナウンサーと結婚するということですけど、私だったらいくら見染められても歌舞伎役者とは結婚したくないな。大変そうだもの・・・。

ということで、神戸からそのまま歌舞伎見物をしてしまい、あわてて帰宅して仕事の続きをしたのでした。

つまり私には「仕事か歌舞伎か?」というよりも、「仕事も歌舞伎も」という欲張り状態なのです。

12 件のコメント:

ハッセルぶらっと さんのコメント...

歌舞伎って のんびりかと思ってましたが、頭を切り替えます。
すごく筋肉 使っているのですね。
ジイ 真似できないな。

マサ さんのコメント...

出張帰りの、その足で、歌舞伎を見に行ったわけね。
としちゃん、タフだわ。「仕事も、歌舞伎も」のパワーが羨ましい。
海老さまのお相手、小林麻央でしたっけ?プレイボーイで名高い海老さまの心を虜にしたなんて、これぞ女の勲章ですね。
確かに梨園の妻は大変そうよね。私も、お断りだわ。まぁ、見初められるなんてこと、あり得ないけど(苦笑)

としちゃん さんのコメント...

ハッセルぶらっとさん、歌舞伎は重労働だと思いますよ。重いかつらや衣装をつけて、飛んだり跳ねたり踊ったりするので、普通の体力ではもたないかもしれませんね。ときには空中ブランコのように天井からつる下がって劇場をあちこち遊泳することもあるんですよ。
一度、南座に行ってみたいと思っています。

としちゃん さんのコメント...

マサさん、もともと歌舞伎見物のスケジュールが入っていて、後で神戸行きが決まったの。それで新幹線を途中下車して劇場に直行することにしました。
小林麻央さんというのね、姉妹でやっている人ですよね。あまりTVを見ないのでよく分からないのですけど。でも先が大変そうですね。
宮尾登美子の「きのね」でしたっけ?
梨園に嫁いだ人の話がありましたが、今でもそんな風潮はあるのでしょうね。

真蘭 さんのコメント...

「仕事も、歌舞伎も」のパワーとしちゃんを良く表している感じだわ。
昔「連獅子」を見たことがありますが
体力が無いと出来ないわと感心したことを
思い出しました。
でも、としちゃんのように首を回す回数を数えるなんて考えもしなかったわ。笑

としちゃん さんのコメント...

真蘭さん、鏡獅子の頭を回す回数を数えたなんて、あっはっはーでしょ?
実は前に誰かの親子共演で、紅白の獅子が二人揃って頭を回すのを見たんですよ。そのとき、あまりに凄かったので、次に見るときは回数を数えてみようと、決めていたの。
私も馬鹿なこと、と思っていたけれど、まさか65回とは思いもしませんでした。すごい体力ですよね!

カンカン さんのコメント...

私も両方という欲張り系ですが、歌舞伎見た後に仕事はちょっと無理だな・・
せっかく見た歌舞伎にスイッチが入ってその後仕事ができないと思う・・
確かに行く先で世界が違いますよね。

としちゃん さんのコメント...

カンカン、おはよう。
そうね、カンカンも欲張り系!
フルタイムでお仕事しながら、あちこちのコンサートや美術館にお出かけしているものね。
私は欲張りというよりも、どちらかひとつに決められないのよね。つまり専門家にはなれなくて、いつも中途半端。でも、いろんな世界をのぞくのもいいかな、なんて思っています。

史aya子 さんのコメント...

学生時代、歌舞伎のただ券を戴いたのですが、前夜から友人宅で飲み明かし、翌昼にお料理の得意な友人にご飯を振る舞ってもらっていたところ、ふと思い出した・・・
今日、歌舞伎見に行くんだっけ。。。
焦ってそのまま出掛けようとしたものの、歌舞伎座の場所が判らないっ!!
実家に電話するも両親は不在、祖母の介護に来ていたヘルパーさんに、東銀座だと教えてもらい、なんとか行けたと云う失敗談を鮮明に思い出しました(汗)
あれもこれもは、あたしはダメなようです。。。
芸事を磨くには色事にも精を出さねばならないのでしょうか。
梨園は特にゴシップが多くて、時代錯誤なんじゃないかと思ってしまいます。。。

としちゃん さんのコメント...

史子さん、歌舞伎座は今は建て替えのためのさよなら公演のさなかです。私が行くのは東銀座のもうちょっと先の新橋演舞場。
それにしてもどうして梨園というのかしら?
アップル園が懐かしいわ。

KYON さんのコメント...

としちゃんさん、お久し振りです。私も昼の部を観ました♪ 神戸からの観劇、大変でしたね~。 でも好きなことのためなら・・・ですよね?(笑)

31日は、先生から何も伺っていないので・・・。たぶん異なる主催の発表会ですね。素敵な時間をお過ごし下さいね♪

としちゃん さんのコメント...

KYONさん、こんにちは。神戸から7時の新幹線に乗って戻ってきましたよ。ほんと、好きなことなら頑張ります。
31日は三越劇場ですけれど、夏はいつも日本橋公会堂でしたっけ、あそこで発表会があるみたいですよ。