2014年6月9日月曜日

今度のお買いもの

若い時に比べて、整理整頓の能力がかなり低下しているのでは、と思うことがあるんですよね。

それは、いつもカギや眼鏡、パスモなどをどこに置いたか忘れてしまって、探している時間が多くなったという現象からもよく分かります。

家の中のどこに置いたか、を忘れることもありますけれど、ハンドバッグの中のどこのポケットにしまったかも、なんだかすぐに忘れてしまう。

私はA4サイズのノートやパンフレットを入れて歩くことが多いので、着物の時でも、つい大き目のハンドバッグを利用するのですが、バッグの内側が黒いと、探すのが一苦労。目も悪くなったせいかしら?

そしてそのバッグもいつも同じではなくて、服に合わせて、あるいは着物に合わせて、また近所へ行くとき、自転車に乗るとき、電車に乗るときに合わせて取り替えているものだから、すぐにパスモなどのありかを忘れてしまうのです。

それって私にとってはかなりのストレスでした。


ということで、「バッグ・イン・バッグ」というものを買ってみました。
これさえあれば、バッグを取りかえる時に、これごと持って、別のバッグにポンと入れればよい、という製品です。

お店にはたくさんのバッグ・イン・バッグがありましたが、すぐに探し物が見つかることを考えて、なるべく内側の色が白っぽいものを選びました。

こちらは外側が明るい感じで気に入って、内側も淡いグレイでビニール・コーティングされているので、多少は濡れたものを入れても大丈夫かなと思い、選んでみました。
小さな取っ手がついているので、それが便利なようです。
バッグ・イン・バッグを数日使ってみての感想です。

便利と言えば便利ですが、やはりこのバッグが増えると、その分の重みが増して、バッグを持つ肩や腕に影響しますね。

それと、この小さなバッグにはいくつかの仕切りがしてあり、また内側や外側にポケットがたくさんついているのですよ。
携帯電話用、お守り用なんて仕切りもあるのだけれど、私のスマートフォンはかなり大きいサイズなので、残念ながらうまく収まりませんでした。

仕切りのポケットが多いのは、サービスから付けたのだろうけれど、あまりにポケットが多いと、そのうちのどのポケットにカギをしまったかが、またしても分からなくなってしまうのです。
それであちこちゴソゴソと探したりして・・・。

頭をクリアーにするほうが先のようですね。





2 件のコメント:

マサ さんのコメント...

以前、母にバッグをプレゼントしたことがあるの。
ポケットがたくさんあるほうが便利だろうと思ったのだけど、「ポケットがたくさんあると、どこにしまったかわからなくなる」と言ってましたね。
確かに、母と外出すると、「どこにしまったかしら」と、ゴソゴソガサガしょっちゅう何か探しています。
便利すぎて不便なこともあるのね。

としちゃん さんのコメント...

いやはや、私もマサさんのお母様と同じ状況だわ~。
昔、まだ私が若かったころ、母と叔母を連れてヨーロッパに行ったことがあるのですが、そのとき、叔母がいつもバッグをごそごそとやっていたのを思い出しました。
思い出してみると、今の私くらいの年齢だったのでしょう。
年取ると、これだから嫌だと思いましたが、自分がそうなっている!
娘には馬鹿にされそうだわ。