2014年7月2日水曜日

「古町家ギャラリーゆう」へ

先日は、川崎にある「古町家ギャラリーゆう」▼へ行ってきました。

ここを訪れるのは何回目になるのでしょうか、いつも気持ちよく過ごせる場所です。

門のところの看板です。


お庭にある椅子に描かれた文字。
「友、遊、優、悠、紬」

私はひらがなの「ゆう」が気に入っています。


この日は、いろいろな和のイベントがありましたが、「ふだんきもの杏」▼に行くのが、主な目的でした。

普段はネットショップをしているお店ですが、今回は「ゆう」さんへ初出店だそうです。


オーナーは、私の年の半分もない若さなのに、ちゃんとご自分の進むべき道を選んでいる素敵な女性です。


私が彼女の年頃の時には、なんだかまだぼやーっと過ごしていたような気がします。

着物や帯や半襟も個性的で可愛らしかったですが、お肌がつやつや。
羨ましい限り。

娘のように若い女性が努力している姿を見ると、おばさんとしては、せめて応援だけでもしてあげたいと思いますね。

他には、西銀座の「仙壷堂」さん▼、手作りジュエリーのお店、手芸のお店などが出ていました。

仙壷堂では、アンティークの襦袢から作ったという絽の半襟を買ってみました。


どのお店も女性ばかり運営していて、和気あいあいと楽しまれていたようです。

三重紐を使った半幅帯の結び方も気軽にレクチャーされていて、私も参考になりました。

カフェではご近所の女性たちが楽しそうにくつろいでいました。
フラダンスをご披露していただいたり、アットホームな雰囲気がいいですね。

こちらはご自慢の「シソジュース」
とてもさっぱりとしておいしかったですよ。
色もとてもきれい。
(ちょっとピンぼけになりましたが)


******

この日の装い。

前の日に着ていた藍色の絞り浴衣の二日目。

帯だけ変えてみました。


夏の花である大きなユリが銀色で刺繍されている白い帯です。
こういう季節限定の絵柄の物は、時期外れにならないようにせっせと着用しないといけないですね。

私は浴衣をそのまま浴衣として着て外出するのがどうも苦手で、半襟とお太鼓で着るほうが落ち着きます。

というか、半幅帯は自由な形に結べるので良いのですが、お尻が出るのがイヤなのと、すぐに結び方を忘れてしまう・・・・というのがうまく結べない理由かもしれませんが。






2 件のコメント:

マサ さんのコメント...

としちゃん、若いオーナーに負けないくらい可愛く撮れてますよ♪
お店の運営はなにかと大変でしょうが、やりがいとか楽しさがあるんでしょうね。
娘も、将来は小さくてもいいからお店を持ちたいと貯蓄とレッスンに励んでいます。お酒を飲みながらベリーダンスが楽しめる、そんなお店。
私も、それまで元気でいたいわ(笑)

としちゃん さんのコメント...

まぁ、マサさんのお嬢さまも将来はお店を持つ予定があるのね。そんなお店なら私も行ってみたいわ。
うちの娘はどうもそういう覇気がないようで、小市民的ね。
若いオーナーはほんとにお肌がつやつやで可愛らしかったわよ。私もこういう時があったのかしら。