2015年7月28日火曜日

美しき舞@神楽坂

先週末、猛暑の中、神楽坂まで行ってきました。

ちょうど神楽坂祭も開かれていて、道には提灯が飾られていて、道路には浴衣姿の若い男女があふれていました。


そんな街の喧騒をしり目に、「志満金」という老舗鰻屋さんの3階にある大広間に伺いました。
ここで日本舞踊の上方舞ゆかた会が開かれるのです。


静紀会にとっては2回目の浴衣会で、実は昨年もお邪魔していました。
その時のブログ▼
昨年は、初めて拝見する上方舞に圧倒されて、言葉も出ないくらいでした。

今回は去年に比べて出演者もかなり増えて、カルチャースクールの生徒さんたち、イケメンの若い男性、3歳の女の子が初登場されていました。
また去年、6歳だった女の子が、今年は7歳の小学1年生となり、しっかりとした目線で「藤娘」を可憐に踊っていたのが印象的でした。

大人のみなさんは本当に美しく、とくにごあいさつの姿には感動しました。
指の先、爪の先までピーンと神経が通い、きちっと揃えて、背筋を伸ばしてのごあいさつは、どの方もじつに美しかったですね。

それぞれお一人ずつで一曲を舞われたのですが、どなたも神経を集中されていて、さぞお稽古を積んだ結果だろうと、感動しました。

大阪から応援にいらっしゃった方たちの舞も、とても美しかったです。

もちろん師範の山村若静紀さんの舞は別格で、幽玄の世界に吸い込まれるような美しさがありました。

下界の暑さを忘れさせるような別世界を堪能させていただきました。

また曲の紹介も分かりやすく、良かったと思いました。

舞の終了後、出演者の皆さんが記念写真を撮る前に、後ろ姿をちょっとパチリ。
お揃いのブルーの浴衣が夏らしくて素敵でした。


その後に一緒に写真を撮らせていただきましたが、師匠のポーズのお美しいこと。匂い立つような美しさでした。
(私の写真は出したくなくらいドブスです!)


名取さんになった若静雪さん。雪のように白く透明な感じのお名前がぴったり。
舞のお姿は真剣さが伝わってきて、お見事でした。


大阪教室の若静奈さん。
本当に素敵でうっとり。
一緒に並ぶと、まるで「白子さん黒子さん」の世界でした。どうしてこんなにお肌が白くて美しいのでしょう。
右端は先週、向島で常磐津の初舞台を踏んだY子さん。
ちょっと恥ずかしがり屋さんなので、お顔を隠しています。


舞姫たちのあまりの美しさに圧倒された神楽坂でした。

弁解するつもりはありませんが、この日は私鉄が人身事故のため不通となり、仕方なく炎天下をバス停まで歩き、そこから満員バスでもみくちゃにされてJRの駅まで行く、というハプニングがありました。
それで髪は乱れ、着物や帯もバスのドアに挟まれたままシワシワ、ということだったので、絶世のブスになってしまった、というわけです。

この日の様子は、タカオさんのブログ▼に詳しく紹介されていますので、そちらもご覧くださいね。



4 件のコメント:

よーでる さんのコメント...

暑い中でしたが、本当に皆さんお美しかったですよね。
一緒にお写真撮っていただいたものの、後から見ると
相当自虐的な写真です(笑)

としちゃん さんのコメント...

よーでるさん、本当にみなさんおきれいでしたね。
姿はもちろんですが、中から湧き出てくるような真剣な表情も素晴らしかったですね。
よーでるさんは大丈夫ですよ。着付けもばっちりだし、まとめヘアも決まっていましたよ。
私は日焼けしたおばはんで、自分の顔も隠しておきたいくらいでしたよ。

タカオでございます☆ さんのコメント...

こんにちは、先日はありがとうございましたー!!

としちゃんさんに『藤娘』をお褒めいただき、かあさん感激です(笑)

写真の件、お手すきの際に下記アドレスに送って頂けますでしょうか。
info@suquece.com

またお会いできる日を楽しみにしておりまーす!!



としちゃん さんのコメント...

タカオさん、コメントいただき、ありがとうございました。
7歳児さん、本当に成長が著しいですね。
カアサンの支えが大きかったことと思いますよ。
3歳児さんも来年が楽しみですね。
みなさん、ほんとうにおきれいでした!