2015年7月26日日曜日

迷った挙句・・・・

去年の夏前、ある呉服屋さんで、初めて夏の着物を仕立ててもらいました。
淡いピンクの小千谷縮で、反物を巻き付けてもらい、とても気に入ったので、仕立てをお願いしました。

ところが何を間違えたのか、身幅がものすごく大きく出来上がってきて、ブカブカ。
作り直してもらったら、こんどは出来上がりが遅くて、結局、去年は陽の目を見なかったといういわくつきの着物があります。

こちら。
(実物はもう少しはっきりした色合いです。)


1年間しまっておいたので、頭の中では「ピンクと水色の横段」だと思い込んでいたのですが、しばらくぶりに開けてみたら、オレンジ色とグレーのような感じでした。

イメージって怖いですね。

それで今になって、どの帯をしようかと考えてしまいました。

暇な時に帯を合わせてみましたが、どうもピンときません。

ラメ入りの白い百合の帯。
これだと帯がちょっと分厚い感じ。


黒の波模様。
カモメが飛んでいますが、なんだか喪の帯みたい?


麻のブルーの紅葉。
好きな帯なのですが、ちょっと合わないかな?


アンティークの白い絽の帯。
ちょいと古臭いか。
というか、柄出しがものすごく大変なので、使い道に困っている帯です。


お気に入りのナデシコですが、少し飽きてきました。


白に赤とブルーの模様入り。(シワシワになっています。)
これだと無難すぎるか。


麻の葉模様の半巾帯。
ちょっと強烈すぎるかな。


迷っています。


夏帯って、なかなか「これだ」というものに行き当たりませんね。

*****

さて、実際に締めたのはこちらの帯でした。

白地にブルーの濃淡の模様入り。
少しは涼しそうに見えたでしょうか。


本来なら絽や羅の帯がよいのでしょうが、手持ちのものは色が合わずに残念でした。



2 件のコメント:

よーでる さんのコメント...

お着物ですが私が実際に拝見したところ、さくら色~という印象でしたよ。
とっても綺麗な色だなぁと・・・
ピンク系は顔映りがいいですよね。

としちゃん さんのコメント...

よーでるさん、そうですか、さくら色ね。
年をとると、ピンクを着てみたくなりますね。

汗だくになったので、すぐに洗ってしまいました。
縮みはアイロン不要らしいですが、適当にアイロンしましたよ。
よーでるさんのセオアルファも素敵でした!