2016年8月23日火曜日

2016年夏 カナダ 9 ~犬編~

カナダでは、犬を飼っている人がとても多いように感じました。
街を歩いていても、犬連れとよくすれ違いました。
それに比べて、猫はほとんど見かけませんでした。

妹の家でも、13歳の老犬を飼っています。


私は犬は苦手なのですが、この犬は大人しいので大丈夫。

食事をしていると、いつもテーブルの下から足の間に入り込んで来て、「何かちょうだい!」とおねだりをしています。
テラスでバーベキューをしていても、すぐにやってきます。


妹は、この犬のために、毎日、朝と夕方には30分ほどお散歩に出かけています。
ご苦労様です。


それ以外にも、ちょっとした公園に行くときにも、犬を車の後ろに乗せて、公園などに着くと、お散歩をさせています。
こちらは姪と、その二人目の孫と。


やはり外に連れ出すと、元気ですね。


この写真、サングラスが濃いので、なんだか盲導犬のように見えますね。


カナダでは、公園や浜辺などは、「犬の散歩オーケー」という場所と、「犬はお断り」の区域に分かれています。

ここは、犬オーケーのトロント湖の浜辺です。


こちらの写真は、4年前に孫と一緒に行ったときのものですが、この頃は、犬もまだ体毛が色鮮やかで若々しかったですね。


今はのんびりとお昼寝をしていることが多くなりました。


サーシャには、長生きしてもらいたいものです。


2 件のコメント:

マサ さんのコメント...

まぁ、美犬ですこと。ビーグル犬かしら。犬の写真には惹かれます(笑)
娘が言うには、「猫を飼う上で大事なことは家の外に出さないこと」らしいです。なので、猫はおうちの中だけで飼っているのかもしれないですね」
としちゃん、今回の旅行はご主人といっしょですか?これからは旅行もお二人で楽しむケースが増えるのかしら。

としちゃん さんのコメント...

マサさん、そうです、この子はビーグル犬です。
スヌーピーと同じ種類とかですが、かなり大きいですね。
猫は外に出してはいけないのですか、初めて聞きました。
うちの夫と妹は同じところに働いていた同僚なので、今回は同行しました。