2016年10月26日水曜日

母のホームで

先日、母のホームに出かけてきました。

いつもながら手作りの作品が迎えてくれます。
コスモスが満開ですね。


ちょうどみんなで体操を始めたところでしたので、私も一緒に楽しんできました。
体操といっても椅子に座ったまま、手足を伸ばすようなものですが、みなさんとてもお元気です。
「幸せなら手をたたこう」に合わせて、拍手をしたり、足踏みをしたりしました。

次には漢字の読み方テストをしました。
ヘルパーさんが、紙に魚偏の漢字を掲げて、それを読んでもらうというテストでした。
ここの入居者はみなさん、認知症ということですが、漢字に対してはとても記憶が良いようです。


母も、鰈、鯰、鮪、鰆などの漢字はスラスラと読めていました。
何を食べたか、などはすぐ忘れてしまうのに、漢字はしっかりと覚えているのですね。


早口言葉も楽しみました。
「生麦生米生卵」とか
「隣の客はよく柿食う客だ」
などをみんなで練習しました。
一人ひとり発表しましたが、みなさん、とてもお上手でした。

そしてみんなで懐かしい唱歌の合唱。
「紅葉」「虫の声」「どんぐりころころ」「富士山」などを大きな声を出して歌いました。
声を出すのは気持ちが良いですね。

ここのホームには、最近、フィリピン人(日本人と結婚しているようです)のヘルパーさんが二人勤めるようになりました。
とても明るくて親切な人たちです。
でも昔の小学生唱歌を唄ったりするのは、ちょっと難しいかもしれませんね。

母はボランティア美容師さんに髪をカットしていただいたので、さっぱりとしていました。

ベッドの上で、両手を離しておどけているところです。


来月には、ここのお祭りがあります。
ヘルパーさんや病院の先生たちがいろいろと芸を披露してくれたり、みんなでゲームをして、そして一緒にランチをいただくというスケジュールです。

ホームの皆さんには、ほんとうにありがたいと、いつも感謝しています。


2 件のコメント:

マサ さんのコメント...

お母さま、楽しそうですね~。
お元気でとても若々しいです。
うちの母は元気とはいえ目がかなり悪いので、一人暮らしは何かと心配なことも多いのです。本人は「一人暮らしの今が一番気楽で幸せ」と言っていますが、いつまで一人暮らしができるかなぁと時々思います。
お母さまは、いいホームに入所できてよかったですね。

としちゃん さんのコメント...

マサさん、そうですね、母は本当に良いところに入所できたものだと思います。
このぶんだと100まで生きるかもしれませんね。

マサさんのお母様、眼が悪いのは心配ですね。
一人暮らしを続けられるのは、すごいです。
マサさんが近くにいるから安心されているのでしょうね。