2016年11月30日水曜日

グアム2016 その3.ケニアの布

グアムに行くとき、周囲の人たちから
「とても暑いところなので、着物は止めた方が良い」というアドバイスがありました。

また、私が着物を着ることをあまり好まない家族からも
「今回だけは着物は着ないでくれ」と言われていました。

それで挙式の時は着物をリメイクしたロングワンピース▼にしましたが、他のときはパンツ姿でした。

でも私は、やはり腰をきゅっと巻くスタイルが好きなのです。
着物を着るときは、身ごろを後ろから持ってきて、前で重ねるときが、いちばん好きなシーンです。
布でお腹やお尻をまとうと、なんとなく心身共に引き締まるような気がするのです。

それに加えて、グアムは冷房が非常にきついので、スカートだけだと死にそうに寒いのです。

暑い国ほど、女性の衣類は、腰の部分は巻物をしているのではないのかしら、と思っています。

ということで、かつてアフリカに住んでいた時、旅行先のケニアで見つけた大きな布をちょっと加工した巻スカートを持参しました。

ベッドカバーくらいの大きさがあるので、端を切り取って、ミシンかけをして紐を作り、ぐるっと回して結んで着るようにしてあります。
タイの女性が着るような巻きスカートの要領です。


黄金色に、焦げ茶の配色です。
大きなヤシの木と、ヨットが浮かんでいて、モンバサあたりの海辺の風景が描かれています。

グアムの景色と、ケニアの海辺の景色は同じではありませんが、巻スカートに作り直してして正解でした。
着物と似た感覚で着られます。


この写真は、ちょいと飲んだ後なので、顔が赤くなっています。

ケニアの布が、まさかグアムで役立つとは思いませんでした。

暑いところに暮らす人の知恵を、ありがたく採用させてもらいました。





2 件のコメント:

マサ さんのコメント...

東京が初雪に見舞われた日、としちゃんたちはグアムにいらしたのね。
素敵な結婚式でしたね。改めて、おめでとうございます。
ご家族にとって、素晴らしい思い出になったことでしょう。
お嬢さまの美しいウェディングドレス姿は、お孫さんたちの目にいつまでも焼き付いていることと思います。
としちゃんのドレスも、とても素敵です!

としちゃん さんのコメント...

マサさん、どうもありがとうございます。
東京の皆さんが、雪で寒くて大変なときに、青空の下にいて、申し訳ないくらいでした。
目の前が海で、チャペルの横はプールという場所でした。
こぶ付きの挙式でしたが、こういうのも良かったかもしれませんね。
あちらのおうちは、震災やら手術やら、愛犬の死などで、大変だったと思うので、
一区切りがついたことだと思っています。