2018年3月28日水曜日

世田谷・目黒の緑道散歩 1

ご近所のブログ友達・うたどんさん▼は、とにかくお散歩がお好きな方です。
いつも写真仲間の皆さんと一緒に、2万歩ほどあるいていらっしゃいます。

その彼女のお散歩コースを真似て、私も歩いてみました。
まずは下北沢までは電車で行きます。
このブログの前半は、そこから南に下って、北沢川緑道を歩き、その後は目黒川緑道を経て、目黒天空庭園までです。
後半は目黒天空庭園から中目黒を経て、目黒駅までのコースをご紹介します。

全行程で14000歩くらい歩いたでしょうか?

今回は前半をご紹介します。
下北沢の駅です。
ここは井の頭線と小田急線が交差しているところで、構内の様子がどんどん変わっているところです。

下北沢の南口を出て、歩き始めて8分くらいしたところに森厳寺というお寺があります。
ここは徳川家康の子どもでありながら、悲運の人生を送った結城秀康のお寺ということでした。


このお寺は針供養でも有名なところのようです。


お隣には北沢八幡神社がありました。


境内では近所の保育園の子供たちが遊んでいました。
濃いピンク色の花が咲いていましたが、さくらだったのかしら?


ここを南に行くと、世田谷区の緑道がずっと繋がっていました。
とてものどかな感じの道です。
川の両サイドを歩くことができます。


世田谷区のガイドによると、ここは北沢川緑道▼というところで、世田谷区の中を全長4.3キロ続いているようです。
道の両側にはさまざまな花や樹木が植えられていて、四季折々、その風景を楽しむことができます。
こんな可愛い花も咲いていました。


このあたりは、桜は6分咲くらいだったでしょうか。


でもとてもきれいでした。


まだまだどんどんと歩きます。
黄色の小花も可愛い。


この辺りは道路が整備されていました。
桜並木もきれいでした。
こんなところに住んでいたら、わざわざ遠くまでお花見に行く必要もありませんね。


もっと歩いて行くと、北沢川緑道と目黒川緑道が合流するところに来ました。


そして、左側の目黒川緑道をどんどんと歩きます。
このあたりになると、かなり都会的な雰囲気になってきました。
行きかう人もだいぶ増えてきました。
背の低いチューリップが咲いていました。


立派な建物が目に入りました。
東邦大学でした。


そこにある高速道路をくぐると、ローマのコロッセオのような建物がドーンと立っていました。
目黒空中庭園▼です。


ここでいったん休憩しました。

川に沿って歩くのはとても気持ちが良かったです。
また季節の花が咲いていて、よいお花見となりました。

世田谷区や目黒区に、こんなのどかなところがあったとは、知りませんでした。

うたどんさん、良いところを教えていただき、ありがとうございました。

(この項、続きます)

2 件のコメント:

うたどん さんのコメント...

お疲れ様でした。 目黒川から目黒駅 結構な距離でしょ
都内にこんな景色があるってご近所の方たちは幸せですね。
毎日のように散歩してしまいます。
下見から帰ってきてからまた下調べをすると赤門があるので足を伸ばし
見てきました。赤門だけが残っていて立派 いつまでも残してほしいです。

としちゃん さんのコメント...

うたどんさん、ここは本当に素敵なお散歩コースですね。
私は、昔、目黒駅の近くに住んでいたので、中目黒から目黒まではそれほど遠いとは感じませんでしたよ。
赤門があるのは知りませんでしたが、そのような建物は今は建てることはできないでしょうから、大切に保存してもらいたいですよね。
また素敵なお散歩コースを教えてくださいね。