2010年5月22日土曜日

アマリリスの観察日記

我が家のアマリリスが満開になりました。

この花は、昔、学校で習った「アマリリス」のイメージとは程遠いくらい、大胆な花です。
何年もベランダにほったらかしにしておいたのに、お水すらやったことがなかったのに、ちゃーんと一人で咲くのです。

今週の日曜日の朝(5月16日)、茎がいつの間にかぐんぐん伸びてきたのに気付きました。


月曜日、つぼみも膨らんできました。


水曜日、もうすぐにつぼみがはじけそう。


金曜日、あっと気付いたら、プロペラを広げたような格好になっていました。


土曜日の朝、両側の花が開きました。ラッパみたいね。


そしてお日様が登ってくると同時に、アマリリスも満開になりました。


うわー、すごい。


なんというか、毒々しい感じもしますね。
立派と言うしかありません。

6 件のコメント:

ハッセルぶらっと さんのコメント...

みごとに咲きましたね。
蕾の状態からなので、花の開き方がよく分かりましたよ^^。
アマリリスは 大昔? 童話で聞いた・見た? かな??

さと さんのコメント...

スキーから帰ってバタバタしていました・・・ご無沙汰です(苦笑)
見事なアマリリスですね!
毎年けなげに咲き続けるのね~
肥料とかはどうしてるの?
バルコニーの写真もまた見せてね♪

としちゃん さんのコメント...

ハッセルぶらっとさん、アマリリスが出てくる童話ってありましたっけ? 私はもうちょっと小さくて素朴な花だと思い込んでいたんですけれど、ド派手な花ですよね。白やピンクもあるらしいですけれど、この色、きついですよね。

としちゃん さんのコメント...

さとさん、今シーズン最後のスキーでしたね。滑り納めかな。
アマリリス、肥料なんて何もやっていませんよ。窓の下に置いてあるだけ。ちゃんと世話をすれば葉っぱも育つかもしれないですけれど、とにかく花がでかすぎて、頭でっかちです。

真蘭 さんのコメント...

「アマリリス」この響きが良いのよね。

赤いアマリリの花が咲いた時に思わず
言った友人の「恥じらいの無い花ね~」が
頭にインプットされています。赤い花に
ゴメンナサイ!ですね。

白やピンクの花はそんな感じはしませんね。


毎年咲くなんてほんと、健気だわ。
蕾の状態から良く観察なさいましたね。
としちゃんの愛情が感じられますよ。

としちゃん さんのコメント...

真蘭さん、そうなんですよ、アマリリスって恥じらいがないの。
私は別に好きで植えたのではなくて、これは数年前にいただいた球根なんです。まさかこんな派手なお花が咲くとはつゆ知らず・・・。
私も愛情はあまりかけていないんです。ごめんなさい!