2016年3月24日木曜日

保育園の発表会と落成式

先週は、孫の通う保育園で発表会がありました。


この園は和のお稽古事にも重点を置いているようで、お茶のお稽古もあるようです。
舞台の上でお点前をしているところです。
年長さんになると、お行儀の時間というのがあり、表千家の先生からお茶を習うそうです。


また花柳流の先生たちの指導による踊りもありました。
これはとても素晴らしかったですよ。
お揃いのゆかたが可愛らしかったですね。


こちらは花柳流の先生たちの紹介コーナーですが、保育園でこのような着物姿を見るのは、珍しいですよね。


孫が出演した「三匹の子豚」。
とても元気に踊ったり、しっかりと台詞がいえたので、褒めてあげました。


下の孫娘も、おとなしく鑑賞していました。


そしてその後は、落成式でした。
この保育園は創立が67年前(昭和23年)と古く、今の建物も2度目の園舎だそうですが、それも老朽化したため、ずっと工事をしていて、ようやく新しい園舎が完成しました。

とてもきれいで、使いやすそうな素敵な園舎です。

落成式は、まずは建築家の方と、工事を請け負った建設会社の方に、園児から感謝状とお花を贈呈しました。


そして和太鼓と獅子舞の余興もありました。
これはプロの方の演技です。


思わぬ素敵なものが見られて、お得な気分でした。


その後、新しくできた施設を見学しました。
木の香りがしていました。


こちらは乳幼児用の畳のコーナーです。
下の孫娘も、4月からはここにお世話になります。
沐浴もできるコーナーもありました。


給食を食べるコーナー。
大きな木を囲んで、うまく生かしていました。


3階には屋上もあり、楽しい見学会でした。


本当にすてきな保育園でした。
3月いっぱいで卒園してしまう子供は、ちょっと残念ですね。


そして近くのファミレスで遅い昼ご飯。
孫はものすごい勢いで、ランチをモリモリ食べていました。


去年、運動会を見た時も感動しましたが、学芸会はほんとうにみんなよく頑張っていたと思います。

そして何より、先生たちの力が素晴らしかったですね。

保育園の先生のなり手がない、という話も聞きますが、保育園に務めれば、このような創造性のある仕事もできるのだ、ということが広く伝わるといいなと思います。
保育の仕事は、とてもやりがいがあると思いました。





2 件のコメント:

マサ さんのコメント...

とてもきれいでお洒落、立派な園舎の保育園ですね。
保育園に入れないでいる人たちもたくさんいる中、いい環境で過ごすことができて恵まれていますね。
下のお子さんも入園出来て、ラッキーでしたよね。

お嬢さん、4月から職場復帰でしょうか?
両立は大変だけど、ママであろうと社会で活躍する人生の方が私はステキだと思うので(私見です)、陰ながら応援しています!

としちゃん さんのコメント...

そうですね、うちの孫たちはとても恵まれていると思います。
(上の孫にとってはここは3か所目ですが)
すぐ近くに小学校もあるので、それもいいですね。
マサさんもお二人のお嬢さんを保育園に預けながらお仕事を続けていらっしゃったので、
応援していただいて、嬉しいです。