2015年10月8日木曜日

目を開けた眠り姫

今年の8月末に生まれた二人目の孫は、私が遊びに行っても、いつもスヤスヤと寝ていて、彼女が起きている顔を見たことがありません。

娘から送られてくる写真も、どれも寝ているものばかり。

こちらはちょうど生後1か月目だそうですが、お兄ちゃんの親切心もなんのその、しっかりと寝ています。


こちらなど、かなり無理な窮屈そうなポーズなのに、やはりわれ関せず寝ています。


たまには目を空いている顔を見せてよ、と娘に伝えたところ、こんな写真が送られてきました。


これでは「こけし」じゃないですか。

でも毛布にくるまれてぐるぐる巻きになっていると、気持ちがよいのか、安心するのか、もっとよく眠るのだそうです。

この前引退した、なんとかというお相撲さんに似ているような気がします。
ほっぺがずり落ちそう。

あまり太ったままでは困りますね。

今度会うときは、眼をさましているでしょうか。



2 件のコメント:

マサ さんのコメント...

まぁ、かわいい~。
よく寝て、お利口さんですね。親は助かりますものね。
長女は寝ないし(ミルクを)飲まないし、とても大変だったもの。蒲団に寝かせると泣くから一晩中抱いていたこともあったわ。
「寝る子は育つ」って、本当みたいですよ。寝ている間に成長ホルモンが分泌されるらしい。
きっとスクスク大きくなることでしょう。

としちゃん さんのコメント...

マサさん、うちの子は、抱っこしているときは寝ていても
布団に置いたとたんに、ギャーッと起きてしまって、頭にきたことがありました。
夜泣きも大変でしたね。
それを思うと、すやすや寝てくれるのはほんとに助かりますよね。
あまりおデブになっても困りますが。