2014年12月19日金曜日

着物の引取り

池袋の東武デパートで、たんすやさんの大セールがあるというお知らせがありました。

今は特に必要な買い物はなかったのですが、着物や帯を1枚500円で引き取ってくれるということでした。
それで着物と羽織、道行を4枚持参して出かけました。


着物は派手すぎてきたし、道行は全然、着ないということが分かったからです。
(写真は3枚しか映っていませんが、この後に1枚追加。)


結構重くて疲れました。

普段のたんすやさんの店舗での引き取りでは、チケットは有効期間が半年あるのですが、今回はデパートで開催している引き取りイベントなので、その催事の時にしか使えないと、説明されました。

「催事の会場でご利用いただけます」というのは、そういうことだったのね。

仕方ないので、2000円分の買い物をすることになりました。

それにしても、会場の熱気はすごかったわ。

おばさんたちが普通のバーゲン会場のように、1枚1000円の着物や帯を大きな透明のビニール袋に、どんどんと10枚くらいつっこんでいるのよ。

ご自分で着るのか、あるいはリメイクに使うのか分かりませんが、もう少し、丁寧に扱ってあげたらいいのに、と思いました。
その狂想曲についていけず、ぼーっとしていたら、たんすやの店員さんが一緒に選んでくれました。

その結果の塩瀬の帯。

手描きの青い花瓶と蘭の花が可愛いし、汚れもなかったので、1000円ならまぁお買い得かな。
(色はもう少しきれいな水色です。)


もう一枚は黒とピンクの織の帯を選びました。
買うつもりもなかったので、ちょっと無駄だったかしら。(反省!)

でも、今の新しい帯は私には長すぎて、締めるのが大変なのです。
特に手先が長くて、困りもの。
その点、ちょっと前の帯だとそれほど長くないので、私にはリサイクル帯は助かります。

それでも、私は骨董市などで売り手の人とおしゃべりしながらゆったりとして選ぶのは好きだけれど、デパートでの雑踏でのセールはちょっと苦手だわ。

******

この日の装い。

ちょっと真面目な組み合わせです。
ラベンダーのような色の紬。


実はこれも引き取りに出そうか迷っていたのです。
というのは、色も好みだし、寸法もちょうどよいのに、どういうわけか必要以上に太って見える着物なのです。

帯は、定価は20万円だそうですが、どこか見えないところに小さな傷があるというので2万円で買ったものです。

1000円の帯とどこが違うのか、と言われてもよく分かないわね。





2 件のコメント:

kimono熱 さんのコメント...

としちゃん、この着物もお似合いですよ♪
太って見える?とは思いませんが、そうだとしても、ちょっと太って見えるぐらいで普通ぐらいのとしちゃんがうらやましいです。帯は短くて困ることはあっても、長くて困ることはほとんどないです~
池袋東武は着物の売り場を縮小してからあまり行かなくなりましたが、盛況だったようですね。バーゲンでぐちゃぐちゃに山積みになった着物を見るとちょっと心が痛みます。ほんとうに「掘り出す」のは私も苦手(笑)

としちゃん さんのコメント...

kimono熱さん、写真のマジックのせいで少し細身に写っていますが、どうもこれを着ると胸のあたりが、でっぱってしまうのですよ。
最近の帯はあまりに長すぎますね。手先もたれも長くて扱いに困ります。
私は安いものは好きなんですけれど、着物や帯は、そっと扱ってあげたいですね。