2016年5月4日水曜日

地元のすてきなギャラリー

私は今の市には30年以上住んでいて、市内の名所(?)などはほとんど知っているつもりになっていました。

ところが先日、市内で素敵なギャラリーがあるのを知りました。

教えていただいたのは着物のエッセイストでイラストレーターでもあるHさんです。
そのギャラリー兼カフェでは、期間限定で水引を使ったアクセサリーの実演と販売もしているというので、出かけてみました。

場所は京王線の各駅停車しか止まらない柴崎駅近くです。
ここは、かなりローカルな駅です。

ちょっと道に迷って駅から遠くまで行ってしまいましたが、結局は駅から2分くらいのところにありました。
お隣がお風呂屋さんなので、次回からはそこを目安に行けばすぐに行けると気づきました。

Gallery & Cafe Warehouse Garden▼というギャラリー兼カフェです。
2013年にオープンしたそうです。


こちらの扉を開けると、中にはお庭が広がり、外のテラスには椅子やテーブルが置いてあり、お庭を眺めながら飲食することができるようになっていました。


こちらは内部から外を眺めたところです。
左の棚には、毛布が置かれていましたが、これは外にいて寒くなった人のために用意されているとのこと。親切な思いやりですね。


ここはランチも充実しているようですが、この時はお腹が空いていなかったので、柚子茶をいただきました。
ほどよい甘さでおいしくいただけました。


お店では、こんな素敵なマップを作成していました。


柴崎にもいいお店がいろいろとありそうですね。

さて、こちらがこの日のイベントでした。
「Noued(ヌー)」▼という2人組が実演されていました。

いろいろな手作り品を作っていらっしゃいましたが、今回のメインは「Coloris(コロリ)」▼というブランドの水引アクセサリーでした。
ちなみにColorisというのは、フランス語で「色」という意味だそうです。
美しい色、ころんとした形で、とても可愛いものでした。


とてもカラフルで、ネックレスやイヤリング、ピアスなどを制作して、販売していました。
ただし水引は紙でできているので水には弱いので、指輪はちょっとダメだそうです。

お話を伺ったところ、水引アクセサリーの作り方は、最初の一回だけは専門家に教えていただいたそうですが、後はすべて独学だということでした。
すごいですね。

ちょうど和装カメラマンの方もいらっしゃったので、「着物を着る人向けに、こんなアクセサリーが欲しい」という意見を、私も一緒に伝えてみました。

今回は買うのはパスしましたが、帯留めができるまで、ちょっと待ってみることにしました。

このギャラリーはオーナーのご自宅でもあるそうですが、いつまでも素敵な場所として続けていただきたいですね。

*****

この日の装い。

黄色の縦じまの遠州木綿に、青い半巾帯。
帯があっさりしているので、先日、國領神社の模擬店で買ったストラップを根付けにしてみました。


帯結びはYoko結び▼です。


もちろん、帯は前で結んで、くるりと後ろに回すのですよ。

2 件のコメント:

マサ さんのコメント...

ほんとに言っては何ですが、柴崎って国領よりさらに地味な気がするわ。
柴崎駅で電車を降りる機会がないで、行ったことはないのだけど。
でも、こんなにお洒落なお店があるのね。
お風呂屋さんは、いい目印になりますね。

この日のお召し物、涼し気で素敵です。

としちゃん さんのコメント...

マサさん、私は柴崎というと自動車運転教習所のイメージが強いのです。
あのあたり、下手っぴいな運転をしていたものです。
それとナムコワンダーランドとかいうゲームセンターがありましたね。
一度行ってみてください。ちょっと見直しますよ。
着物は木綿なので気楽に着て、気楽に洗えます。